幼児期の教育は子供の将来の為に重要

幼児期の間にIQ,EQを伸ばす

脳にストレスをかけないで正しい生活に

幼少期に夜更かしをして親に怒られた経験はありませんか?
これがとても大事なことで、子供にとって睡眠はとても大切な時間なのです。
平均的に1日8時間以上の睡眠をとると、次の日しっかりと脳が休まった状態で1日を始められるので睡眠は十分とった方が良いとされています。

その他にもストレッチや多少の有酸素運動をすれば記憶力を向上させることができます。
要するに脳にあまり負担をかけずストレスから守る方法が一番 IQ向上のカギになるでしょう。

子供の頃から三食をきちんと食べて夜は寝て朝は起きる基本的で健康的な生活をするのが大事だと言えます。
小さいころから夜更かしをしたり食生活が偏っていると、脳に知らない間にストレスがかかり、緊張感がなくぼーっとした一日を過ごしてしまうことがあるのです。

幼児期に心を育てる事でEQも高くなる

EQとはこころの知能指数の事をいいます。
主に人間関係で必要な指数で、大人になり社会に出た時、特に必要なのです。

子供の時に育った環境によって、人とかかわることに慣れた人や、初対面の人とは話すことができない人など、性格として判断されるので、幼少期から、いろんな体験をして、人と関わり、話す機会を作っていると、大人になってから臨機応変にどんな人ともかかわることができますし、社会に出てからの人間関係に困ることはありません。

そして何より、最近自分の怒りを暴力として表現することしかできない人が多くなっています。
あおり運転など、多変危険な事件にまで発展してしまうこともありました。
EQの知能指数があれば、自分の感情をコントロールする力が強いので、勉強にも身が入り無駄な時間を使うことなく学ぶことができると言えます。